【必見】汎用バルブは大手メーカーの物を選ぶべし!!その理由とは?

こんにちは。近江クリエイトです。

流体を制御するために用いる「バルブ」。
あなたは、この「バルブ」を作っている会社は何社あるか知っていますか?

 

正解は200社以上です。
もちろんバルブと言っても様々な種類があるので、会社の数以上に多くの形のバルブが存在します。

なので、

「どこのバルブメーカーがいいのか分からない」
「A社とB社のバルブの違いがよく分からない」

と思う方も少なくないと思います。

 

でも実は、大手メーカーも中小メーカーもほとんど同じ様な物を作っているんです。

それはなぜかというと、作られているバルブは大半が「汎用バルブ」だからです。
なので正直、仕様に大きな差はありません

そう言うと「どこのメーカーの物でもいいのでは?」と思うかもしれません。
しかし、その中で個人的には、汎用バルブは大手メーカーの物を使用することを推奨しています。

ということで今回は、そもそも「汎用バルブ」とは何か、そして大手メーカーの物を使用するメリットを解説していきます。

目次

  1. 「汎用バルブ」とは?
  2. なぜ、皆「汎用バルブ」を製造するのか?
  3. 大手メーカーを使用するメリット。
  4. 代表される大手メーカー一覧
  5. まとめ

 

1.「汎用バルブ」とは?

結論から言うと、汎用バルブとは規格や確立された基本形に沿って製作されている物のことです
特に自動バルブは個々のノウハウがあったりするので、ここでは手動バルブに限定します

規格と言うのは、JISやASMEが有名ですが、
そこには、「このような形で製作しましょう!」というようなことが記載されています。

いわゆるバルブ製造の教科書ですね。

 

また確立された基本形というのは、このバルブは「みんな同じ形で作っている」という物です。

例えば、どのメーカーも同じ材質で同じ面間で同じような構造で作っている物のことを言います。
ボール弁や調節弁はほとんどがこれですね。

 

以上から、汎用バルブとは、「互換性のあるもの」のことを言います。

2.なぜ、皆「汎用バルブ」を製造するのか?

冒頭に、大手メーカーも中小メーカーもほとんど同じ様な物・・・「汎用バルブ」を製造していると言いました。
では、一体なぜでしょうか?

それには、大きく2つ理由があるからです。

①製造が簡単だから

1つ目の理由は、製造が簡単だからです。
それは構造が単に簡単という訳ではなく、規格や基本形といったお手本が多くあるということです。

例えば、白い紙に「犬の絵を書いてください」とだけ言われると中々うまく書けないですよね?
しかし、「この絵をマネしてください」「犬の絵を書く時は、このようにして書いてください」と言われると書くことはできますよね?

それと同じで規格や基本形というお手本があれば、皆それに準拠して製作することはできるんです。

②需要が多いから

2つ目の理由は、需要が多いからです。

「止める、流す」が基本となるバルブ。
確かにそれだけであれば、それ以上に特別な要素はいりません。

大抵がそのような汎用のバルブで流体を制御できてしまうんです。
それだけ、基本の形がしっかりとしているという言い方もできるかもしれません。

それにあなたもバルブを使用する時「何かの規格」に則っている方が安心しますよね?
このようにユーザー様の多くは、「独自性」より「確実性」を好まれる傾向があります。

よって、特別な物の「必要性」が少なく、「確実性」が求められやすいということなんです。

 

なので9割以上の会社が汎用のバルブを製造しています。

3.大手メーカーを使用するメリット。

これまでの内容から「汎用バルブ」はどこのメーカーも仕様がほとんど同じになることが分かったと思います。

その中で、個人的には汎用バルブは大手メーカーの物を使用する事を勧めています。

それは、大手メーカー程「経験値が多い」からです。

大手メーカーは、次の特徴があります。

・販売実績が多い。

・クレーム数を経験している。

・実験結果も多い。

 

圧倒的に数を生産し、販売しているので、あらゆる流体や条件に対しての使用実績が多くなります。
その分、ユーザーからのクレーム件数も多くなります。
しかし、言い換えればクレームも実際の現場からのフィードバックです。
それらも物づくりの立場からすると貴重な意見となります。

そして、大手メーカーである程、実験設備も充実していて日々実験や検証もしています。
そこで得たデータはまた販売の時にも活用ができます。

これら多大な販売数から経験や実験を繰り返し、知識を蓄積しているということです。

やはり経験から得る知識は、対応力も生まれる為、信頼性も高いと言えます。
特異性があまりない「汎用バルブ」であれば、尚更、信頼性のある大手メーカーがいいのではと考えます。

4.代表される大手メーカー一覧

1.総合バルブメーカー

あらゆるジャンルを幅広く扱っている総合バルブメーカーとしては、
まず日本№1メーカーのKITZでしょう。

そして同グループの東洋バルヴ

他にはマレブル、ステンレス等のプロテリアル(旧日立バルブ)

2.バタフライ弁メーカー

自説、最強のバルブ、バタフライ弁メーカーとしては、
先駆者の巴バルブでしょう。

3.ボール弁メーカー

汎用性のかなり高いボール弁メーカーとしては、
日阪製作所が有名です。

 

他にも汎用バルブは多々ありますので、それぞれのバルブの大手メーカーは要チェックです。

5.まとめ

これまで「汎用バルブ」とは何か、そして大手メーカーの物を使用するメリットについて解説しました。

再度結論としては、汎用バルブは大手メーカーが多大な販売数から経験値が高いので信用できるということです。

なので汎用バルブも同じ様な構造だからと言って他の安い物ばかりに目を向けると「製品の質が悪い」「対応が悪い」と言ったことにもつながりかねません。

価格設定には全て意味があるので価格だけで走るのは要注意です。
その辺りは、こちらで「製品の価格」の仕組みを解説してますので是非参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA