【超重要】「特殊バルブ」!!選ぶポイントは「個の力」!!~汎用とは違う!!~

こんにちは。近江クリエイト代表のエイトです。

前回、こちらの記事で「汎用バルブ」について解説しました。

【必見】汎用バルブは大手メーカーの物を買うべし!!その理由とは?

では、その反対のバルブはなんでしょうか?

答えは

「特殊バルブ」です。

 

では、「特殊バルブ」とはどのような物を言うのでしょうか?

 

正解は、独自のノウハウ(知識)」のあるバルブのことを言います。

ということで今回は、どういった物が「特殊バルブ」となるのか、また特殊バルブのメーカー選びにおすすめな方法について解説していきます。
普段の「ちょっと困った」時に役立つ情報です。

目次

  1. 「特殊バルブ」とは?
  2. 特殊バルブに「独自のノウハウ(知識)」がある理由
  3. 特殊バルブメーカーの選び方
  4. まとめ

 

1.「特殊バルブ」とは?

結論から言うと特殊バルブは、「独自のノウハウ(知識)」のあるバルブのことです。

なぜなら、汎用品では賄えない特殊な条件の時に対応する物だからです。

例えば、以下のような時です。

「埋設したバルブを地上から腰の高さくらいまで延長させてほしい」

「キャビテーションによって起こる配管の損傷を防ぎたい」

「高頻度の開閉でシートがすぐにやられてしまうのをなんとかしたい」

 

言い換えれば、汎用バルブと違って規格や基本形はなく、独自のノウハウで特別なお客様の要望やニーズに応えるバルブの事なんです。

特殊バルブの種類

特殊バルブと言ってもその考え方は次の3種類あります。

・汎用バルブを要望に合わせて改造する

・ニーズに合わせて始めからラインナップに用意。

・要望をヒアリングし一から製作する

 

汎用バルブを要望に合わせて改造する

例えば「バタフライ弁を使用したいが、バルブは地下に敷設し、地上の腰の高さ1200mmで操作をしたい」
そのような時は、バタフライ弁自体は汎用の物で、操作の位置を延長するよう様に改造することになります。

この時も、ただ単純にステムを延長させればいいという訳ではなく、そのステムが途中で折れたりしないか等、注意点が必要です。

ポイント
汎用バルブ+部分的な改造

 

ニーズに合わせて始めからラインナップに用意

こちら巴バルブの実例を見てください。

巴バルブHP「事例紹介」

配管にダメージを与えるキャビテーションに対し、「くし歯付のバタフライ弁」を提案されています。

このバルブは、弁体の一部に櫛のような歯を設けている物です。
流体がこのくし歯を通る際、発生する気泡を分散し、キャビテーションの発生を抑制しています。

世の中の「キャビテーションによって起こる配管の損傷を防ぎたい」という非常に多いニーズに対して、メーカーで開発され、いつでも対応できるようにラインナップされている一例です。

ポイント
汎用品の形状とは異なるが、ラインナップとしてカタログ等に掲載(型番がある)

 

要望をヒアリングし一から製作する

例えば「粉体用サイロの吐き出し口のバルブを、高頻度の開閉でもシートを消耗せず、長持ちさせたい」
そのような時、まず、その粉体の特徴やその開閉頻度等を詳しく確認していきます。
そこで見えてくる課題や要望に対して最適なバルブを設計していきます。

そうして、「シートを摩耗させない構造」にしたり、「摩耗に対して耐久性を持たせる構造」にしたりと、汎用には全くない一からのオリジナルを製作することにつながります。

但し、この3番目のパターンは技術者の腕が相当いる為、かなり稀なケースとなってしまいます。

ポイント
一から製作する完全オリジナル

 

2.特殊バルブに「独自のノウハウ(知識)」がある理由

ここまでは、特殊バルブがどのようなものか説明してきました。
続いて、特殊バルブには「独自のノウハウ(知識)」がある理由を解説します。

それはなぜか、一言で言うと「決まった形がない」からです。

例えば、汎用品の場合、「このように作りなさい」という規格があったり、「基本的にはみんなこのように作るよね」という決まった型があります。

しかし特殊バルブの場合、そのような型は一切無く、あくまで「独自の理論」を基に設計していきます。

先の「バタフライ弁を使用したいが、バルブは地下に敷設し、地上の腰の高さ1200mmで操作をしたい」というケースでも、途中で延長した部分が折れないように強度を計算したりしますが、それらも「独自の理論」を基に軸の径を考えたりします。

実は、そこに「正しい答え」というのはなく、全て個人の(会社で決めている場合もある)「設計力」によってきます。

例えば、Aさんは「延長軸はφ30㎜とする」、一方でBさんは「延長軸はφ28mmとする」と言う場合があったとします。
単純にBさんの設計した軸の方が細いので強度的に弱いのでは?となるかもしれません。
しかし、Aさんが出したのは「計算的理論値」、Bさんが出したのはこれまで20現場での納入実績に基づく「経験的知識」だとすると、どちらの方が生きた設計となるでしょうか?

このように、「独自の理論」というのは、「経験」によって知識化されていきます。
「理論」→「経験」→「知識」ということですね。

「独自のノウハウ(知識)」と言うのは、言い換えれば、どれだけ経験値があるかということです。

机上の空論だけでは、特殊バルブは作れないということです。

3.特殊バルブメーカーの選び方

実は、ここについては、大手メーカーや中小メーカーという差は無く、
技術者、営業マンという個人に注目してください。

それについては、何度も言っていますが、特殊バルブには独自のノウハウ(知識)と経験値が必要だからです。
そして、もう一つその選び方として重要なポイントは「思いやり」があるかです。

例えば、あなたの周りにもこのような人はいないでしょうか?
あなたが困っている時、自分の経験談や知識ばかり話して、あなたの話を全く聞かない人・・・

このような人にあなたの要望を叶える「特殊バルブ」を作れるでしょうか?
一方的な「技術の押し付け」になってしまわないでしょうか?

特殊バルブと言うのは、世の中には溢れていないあなたの要望を応える物です。
そこには、ノウハウと経験値という技術的要素それを親身になって考える人の精神的要素が不可欠です。

特殊バルブメーカーを選ぶ際は、技術者でも営業マンでも構いません。是非、「あの人なら!」という信頼できる個人に委ねていただきたいと思います。

4.まとめ

これまで「特殊バルブ」とは何か、そして特殊バルブメーカーの選び方について解説しました。

特殊バルブと言うのは、あなたの要望を叶える為のバルブです。

汎用バルブと違って、規格や基本形という決まった形がないので、ノウハウ(知識)と経験値という技術面が重要になってきます。
そして、あなたの要望を応えようとする製作者側の姿勢があるかも重要なポイントです。

いずれにしても、特殊バルブは組織的と言うよりは「個人」に影響しますので覚えておいていただきたいです。

 

最後に!
当方は、特殊バルブ製造を得意としています。
それは、豊富な現場経験からあなたに合った最適なバルブを提案できるからです。

「こんな困りごとがある」と言う際は、是非お問い合わせください。

お問い合わせ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA